バーナード嬢曰く。

キャスト

町田さわ子
喜多村英梨
神林しおり
小松未可子
遠藤
市来光弘
長谷川スミカ
洲崎綾

制作スタッフ

原作
「バーナード嬢曰く。」
(原作者:施川ユウキ・一迅社「月刊ComicREX」連載中)
監督
ひらさわひさよし
キャラクター原案
なつのはむと
キャラクターデザイン
ゴンタ
シナリオ
内堀優一
音楽製作
株式会社 幻影
音楽プロデューサー
前田義和
音響監督
大室正勝
制作プロダクション
ドリームクリエイション
アニメーション制作
Creators in Pack
音響制作
ダックスプロダクション

キャストコメント

喜多村英梨様 コメント

①アフレコをしてみての本作の印象をお聞かせください。

ゆるっとした世界観と思いきや、かなり緩急の変化が激しいシュールギャグコメディな印象を受けました


②アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

気心知れたキャストメンバーに囲まれて自由でラフな自分で居られる素敵な空間です


③ご自分の演じられるキャラクターについて、魅力などお聞かせください。

にわかでミーハーなわりには、ツラツラとヲタとくゆうの饒舌ぶりと滲み出るアホ可愛いさが魅力のキャラクターです


④実際に演じてみての感想はいかがですか?

オーディションの時は独りでしたが、怒涛のスピードで早口饒舌芝居の掛け合いが出来ると、さわ子のお調子ぶりも拍車がかかって演じていて面白かったです


⑤最後に放送を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

オーディション合格して嬉しい反面、キャスト発表時の皆さんの反応も納得の、喜多村っぽくないキャラクターではあると思いますが、自分の芝居の引き出しに対して良いチャレンジが出来ている作品だと思いますので、ぜひ注目してやってくださいませ、宜しくお願い申し上げます!


小松未可子様 コメント

①アフレコをしてみての本作の印象をお聞かせください。

テンポ感が大事な作品だなと感じました。スピードにがっつりついて行きながら、キャラクターの濃ゆさも活かしつつも、一人が怪我をすると皆道連れになるという、連帯責任感があります(笑)


②アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

とても人数が少ないので、密なコミュニケーションが取れてとても良いチームワークだなと思います。そして全員読書家では無いという……(笑)


③ご自分の演じられるキャラクターについて、魅力などお聞かせください。

普段は割とローテンションな方ですが、自分の好きなことに関して喋り出すと、とても熱くなる。テンションの上がり方が突発的なのですが、その落差が演じてて楽しいところです。そしてたまにデレるところにグッときます。


④実際に演じてみての感想はいかがですか?

タイトな時間の中でテンションの落差が激しいので、彼女のテンポにしがみ付くのがなかなか大変でした。慣れると早口になり過ぎてしまうので、エンジンがかかった時が鬼門です(笑)


⑤最後に放送を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

さわ子のウザさがクセになります。そして本が好きな方は頷けるあるある、普段は本を読まない方も、思わず本に触れてみたくなるような作品だと思います。お楽しみに!


市来光弘様 コメント

①アフレコをしてみての本作の印象をお聞かせください。

短い時間の中に、余すところなくセリフが詰まっていてかなり激しい作品になりそうです。難しいタイトルの作品の話はしてますが、難しい話は実は全くしていません。ボケとツッコミの応酬が激しい、ただただ面白い作品です!


②アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

喜多村さんのムードメーカーっぷりが素晴らしすぎて、笑いの絶えない楽しい現場です。キャストが少なく、女性三人の中に男一人ということで、最初はどうなることかと思っていましたが、なんの心配もありませんでした(笑)


③ご自分の演じられるキャラクターについて、魅力などお聞かせください。

遠藤君は基本的にはツッコミキャラなのですが、大声で激しくツッコむ…のではなく、鋭く的確にツッコむタイプで、少しニヒル?な要素も入ったキャラクターだと思っています。でもたま~にボケてみたりもします。


④実際に演じてみての感想はいかがですか?

だいたいさわ子にツッコミを入れているので、他のキャラに比べたら大変じゃないのかな…?と思っています(笑) でも、ショートアニメにしては全体的にセリフが多く、テンポも速いので、いつも通りの感覚でセリフをしゃべるともう次のカットに行ってしまっていたりと、かなりハイスピードなギャグアニメだと思いました。


⑤最後に放送を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

メジャーな作品もあれば、本好きの人の心をくすぐるようなマニアックな作品も出てきたりして、短い時間の中にどんな人でも楽しめるような要素がたくさん入っています。見た後は、図書室や図書館などに行きたくなるような…誰かと本について語りたくなるような……さわ子みたいに知ったかぶりしたくなるような……そんな作品です。楽しみにしててください!


洲崎綾様 コメント

①アフレコをしてみての本作の印象をお聞かせください。

オーディションの時に原作を読ませていただいたのですが、本当に面白くて、ファンになってしまいました!それぞれのキャラクターがとっても個性的で、掛け合いも楽しかったです!


②アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

キタエリさんがムードメーカーとなって、でもすごくゆるい雰囲気で、楽しかったです。イベントとかあったら楽しそうな面子だよね、とみんなで話してました!


③ご自分の演じられるキャラクターについて、魅力などお聞かせください。

長谷川は、この作品の良心というか、可愛い担当だと自分では思っていたのですが…ムッツリスケベだよね、という結論に(笑)どうでしょう~


④実際に演じてみての感想はいかがですか?

とにかくセリフの量がすごくて、皆さんよく噛まずに言えるなぁ〜と…(笑)テンポが良くて、本当に面白い作品になってると思います!


⑤最後に放送を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

「バーナード嬢曰く。」、きっと本好きの方も、普段読まない方も、みんなクスッとなっちゃう作品だと思います!たくさんの方に見ていただきたいです。よろしくお願いします!